FXや仮想通貨のペアの左側右側の呼び方 apiで使われる名前

左側を売買している、支払いは右側で行っている

いつも混乱するのでまとめておきます

特にプログラムで名前を付けるときに困ります

スラッシュを挟んで左側、売買のメイン、取引上でいうと残高が増える側が

基軸通貨(主要通貨、取引通貨)

Base currency , Key currency , Reserve currency , Major currency , Trading currency 

スラッシュを挟んで右側、左側を手に入れるために使う側、取引上でいうと残高が減る側が

決済通貨(相対通貨、クオート通貨、クオートカレンシー)

Hard Currency , Quote Currency , Payment Currency , settlement currency , Relative currency

になります

基軸より取引通貨の方が分かりやすいかもしれませんね

(英語だと例えばPayment currency→Currency of paymentと表記したりも)

クオート通貨とは基軸に対して、実際のレートを提示する通貨

基軸通貨(主要通貨、取引通貨)/  決済通貨(相対通貨)

取引所のAPIの説明

「MarketCurrency/BaseCurrency」 bittrex

※書き方が逆

https://bittrex.github.io/api/v1-1#operation–public-getmarkets-get

「base_currency/quoted_currency」liquid

https://developers.quoine.com/#products

「item_unit/aux_unit」 zaif

( アイテム通貨/相手通貨 )[特殊な呼び方だと思います]

https://techbureau-api-document.readthedocs.io/ja/latest/public/2_individual/2_currency_pairs.html#public-currency-pairs

他にyobitやokexのAPIを見てみたんですが左右とも[currency]と呼んでいるようでした

Bittrexが逆になっていますが、感覚としてはありな気がします

[LTCやXRP等](左側)を売り買いするマーケットで、ベースがBTC(右側) という考え方

基本は

[LTCやXRP等](左側)を基準にしたときに、BTC(右側)でいくらになるか という考え方

左側の通貨1つを右側の通貨をいくら払えば手に入れられるのか

githubで他の人のコードを見ても、alt/baseのようにしていたりcurrency/marketc1/c2タイプもありました

BinanceではBTC Marketsと書いてある所にはLTC/BTC,XRP/BTCなどのペアが並びます

そう考えるとあくまでBTC市場、trade/marketも結構良い気がします

単一のAPIを利用する場合にはAPIの使用にあっている名前が一番良いと思います

複数のAPIを利用する場合にBaseの考え方が逆になってるケースもあるかもしれません

被らない名前を使うという事でしたらleft_currency/right_currency・・・?

ベースは取引に使う(支払う受け取る)通貨とも取れますし、取引するもの自体の通貨とも取れて非常にややこしいです

時間がたってから見てもわかる名前にするのをお勧めいたします

alt/baseはわかりやすいのですが、baseの位置がまるきり逆なので書き方が違うapi利用時には混乱しそうですね・・・

Trade/Paymentは意味を考えればわかりやすいかな・・・?

(日本の取引所[bitflyer,coincheck,bitbank,liquid,zaif]のAPIでの左右の呼び方を調べたのですが、liquid,zaif以外はペアにまとめられていてわかりませんでした ペア数が少ないので気にしてないのかもしれませんね 以下はペアの呼び方)

(pair) coincheck [そもそも”btc_jpy”のみ]

https://coincheck.com/ja/documents/exchange/api#order-rate

(pair) bitbank

https://docs.bitbank.cc/

以上です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする