bitcoin配布系は労力に見合うのか計算 freebitco.in

ビットコインを無料で配布するサイト

ビットコインの価格は2017/7/12 23:00レートの268,299円で計算します

まずは代表的なサイト
https://freebitco.in/

簡単に概要を説明すると、

  • 1時間ごとにくじ引き(1-10000の数字が出る)
  • 出た数字によって報酬が決まる(0 – 9885[98.85%])
  • 1時間おきに文字認証or画像認証をする必要がある

という感じです

その報酬が

98.5% 約0.00000085BTC(この数字は変動します)0.24円[0 – 9885]
1% 約0.00000849BTC(この数字は変動します)2円[9886 – 9985]
0.08% 約0.00008493BTC(この数字は変動します)24円[9986 – 9993]
0.04% 約0.00084926BTC(この数字は変動します)236円[9994 – 9997]
0.02% 約0.00849261BTC(この数字は変動します)2,358円[9998 – 9999]
0.01% 約0.08492605BTC(この数字は変動します)23,578円[10000]

すべて0.2円の場合
律儀にやって24時間で5.76円(0.0000204BTC)(ビットコインがまた1BTC=30万円くらいになれば6円)
1ヶ月で5.76円×30日=172.8円(0.000612BTC)(認証回数は720回)
1年で5.76円×365日=2102.4円(0.22338BTC)(認証回数は8760回)
そしてもちろん24時間1時間おきに認証なんてやってられないのでキャプチャ解析サービスを利用したとする
このサイトのキャプチャはまだ簡易な方のキャプチャなので解析サイトの価格だと
2Captchaだと0.89$で1000キャプチャ
AntiCaptchaだと0.7$で1000キャプチャ
CaptchaSoloutionだとだと0.7$で1000キャプチャ

0.7$/1000captchaで計算
1年で0.7×9=6.3$(711.9[1$113円換算])
1年で2,102.4円-711.9円=1390.5円の黒字

一応黒字だけどもしょっぱい

次に、1%で2円0.08%で24円0.04%で236円0.02%で2,358円0.01%で23,578円であることを考慮する

確率1/nの時、m回やった場合、最低1回以上は当たる確率
1-(n-1/n)^mで計算

1%で2円 [1回以上当たる確率100%](1回も当たらない確率0%)
0.08%で24円 [1回以上当たる確率99.910%](1回も当たらない確率0.090%)
0.04%で236円 [1回以上当たる確率96.994%](1回も当たらない確率3.006%)
0.02%で2,358円 [1回以上当たる確率82.660%](1回も当たらない確率17.340%)
0.01%で23,578円 [1回以上当たる確率58.357%](1回も当たらない確率41.643%)

と8,760回も回せば現実的に出そうな数字

その他、当たる気がしない週に1回の宝くじみたいなこともやっている
他、紹介(Refer)というシステムもあるが、これは宝くじの確率が上がるのがメインで上がるパーセンテージは0.00001程度(全体のチケット数で変わるがほぼ期待できない)

マルチプレイBTCというスロットがあるが、Hi&Loなのに 4750から5250が出たら問答無用で負けになります
きっついスロットです

やるなら他の場代が低い所でやりましょう
一度ここでマーチンゲール法で9連敗で溶かしました
やるべきじゃありません

自動化すればありかなあという所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする