time4vpsに失敗 解約したメモ

Time4VPSを契約

https://billing.time4vps.eu/にサインアップ後ペイパルで支払い、
さあOSを入れようという所からスタート

色々迷って1テラHDD、1GBメモリ、1.9GhzCPUのストレージVPSで契約
2年契約で1万切るくらい

用途はTorrent用にSeedBox、色々と一括保存したい時に使おうかなあと思っています
あとは自動操作で24時間何かしていてもらう用です

GUIの事を考えるとやっぱり2GB以上欲しいかなと思いましたがXfceというGUIを使えば1Gでも足りそうなので
お試しです

今だとGoogleDriveや他ストレージと組み合わせたり、自動でローカルのHDDにバックアップする仕組みを作れば80GB程度でもやりくりできそうだとは思いましたが・・・
まだ選択が正解だったか うまく活用できるよういじっていきます

VPSの下準備

まずはOSのインストールから

Managementのロケットアイコンをクリック

CentOS7をインストールします(5分くらい待ってくれと出ます)

次に>_コンソールアイコンからコンソール起動
何時間くらい使うか選択して起動(また5分くらい待ってくれと出ますが、だいたい1,2分で起動)

起動に成功すると接続するためのURLが生成されます

ログイン用のパスワードを確認

上から二つ目 Login Details

Passwordをクリックして確認
rootでログインする時のパスワードになります

ということでサイトからログイン、GUIで接続できるようにxfceを設定、iptableを設定

うーん、PCから接続できない

ファイアウォール全部停止でもダメ

SSHは?sshd起動それもだめ

1週間近くイジイジしてたがお手上げ

アルトコイン堀りは動いたけれども2年分払って1TBストレージこれでは使えない

自分のせいかもしれませんが申し訳ないが解約

Time4VPSの解約

30日以内なら解約が無料で可能

この辺はすごく良いですねありがとうリトアニア

(支払にBitcoin, Paysera (Webmoney, CashU, Wire Transfer)を使ってると返金されないみたいなので注意!)

説明はこちら↓

https://billing.time4vps.eu/knowledgebase/article/94/how-do-i-cancel-my-server-/

ポリシーも読んでおきます↓

https://www.time4vps.eu/refund-policy/

ログインした後にサーバー一覧から右側にある”Manage”を選択

左側にある”Request Cancellation”を選択

キャンセル理由は「Response is worse than I thought」(レスポンスが思ったより悪い)等で良いと思います(自分はそれで通りました)

キャンセルタイプは30日以内で返金希望でしたら即時停止にしましょう

返金希望の場合はもうひと手間必要です

こちらから返金リクエストを送信します↓

https://billing.time4vps.eu/tickets/new/

こちらでもまた理由を必要とされますが同じで大丈夫です

DepartmentはSalesでOKです

SubjectはAbout refund(返金について)

Related service:から自分が契約していたサーバーサービスを選択します

そしてSubmit(送信)

自分の場合は22:55に送信して23:12には返信、送金が完了していました すごい!

自分には実力不足でした・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする