GoogleSpreadSheetsで指定した文字の前後を分割してそれぞれセルに入力する

「btc_jpy」を「BTC」と「JPY」に分けたい

税関係を計算する時に分けて表示する上記の作業が必要になったのでやり方をメモ

btc/jpyなら問題ありませんが、bch/btcでの売り買いやxem/btc等の売り買いの場合に当時の対日本円レートを表示と計算用に前後を分けます

移動平均法と総平均法のどちらを選択した方がメリットがあるのか計算するのにも役立ちそうです

移動平均法と総平均法
最終的な(全てを日本円に戻す時)損益はどちらを選択しても変わりなし
次の年に持ち越す取得価額が小さいほど、今年の取得価額が大きくなるので利益を圧縮する事ができる
実際の経済に忠実なのは移動平均法
上げ相場で後半に購入を行った場合は所得を減らせる可能性がある
総平均法は年度が終わらないと計算できない

セルA1のデータを セルD1に左側 セルE1に右側を入力する場合

セルD1

=upper(left(A1,find(“_”,A1)1))

※分ける文字列が”/”等の場合は”_”を”/”等に変える

セルE1

=upper(right(A1,len(A1)len(E1)1))

※大文字にする必要が無い場合はupperで囲わない

=upper ()で囲ったテキストを大文字にする
=left (指定のテキストorセル,指定の数字)テキストの左から数字分抜き出す
=find (指定の文字,指定のテキストorセル)指定の文字がテキストの左から何文字めか調べる
=right (指定のテキストorセル,指定の数字)テキストの右から数字分抜き出す
=len (指定のテキストorセル)テキストの長さを調べる

セルD1の説明

leftから”_”までを抜き出す

findで”_”まで何文字か調べる そのままだと”_”も含めた数字なので-1する

セルE1の説明

先ほど調べたテキストを全体から消したものを出す

rightから“_”までの数を調べる

全体の文字数から先ほどのセルD1の文字数を引く そのままだと”_”を含めた数字なので-1する

findをsearchにすると大文字小文字を判別しない

findbやsearchbにするとバイトで数字を換算する findやsearchで問題はないはず

エクセルでも同じように使えると思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする