AWSのCloud9でインスタンスの再起動をしてもIDEが固まったままの対処法

容量の圧迫でtempファイルが作れていない

検索するとインスタンスを停止→再起動で直るという情報しか出てこなくて解決に半日かかったのでメモ これが原因の場合は即解決できます cloud9で定期的に空き容量をチェックしていない、情報収集プログラムを動かした途端にIDEに一切入れないようになった場合は疑ってみてください キャッシュを消しても再起動してもダメな場合はこれが原因の事が多そうです

ec2のボリュームを開く[リージョン(サーバーの置いてある国)が合っていないと一覧に出てこないので注意]

https://console.aws.amazon.com/ec2/v2/home#Volumes:sort=desc:createTime

cloud9で使っているボリュームを選択してアクションからボリュームの変更

デフォルトだと8になっていると思うので1増やして9にする(容量は増やせますが減らせないので注意)

決定して9になるまでちょっと待つ(F5で更新しないと反映されないかもしれません)

https://console.aws.amazon.com/ec2/v2/home#Instances:sort=instanceId

インスタンスを再起動しないと容量の変更が反映されないので再起動

cloud9でIDEを開く 解決 とりあえずバックアップ取っておきましょう

何が容量を食ってるのか

無事ターミナルに辿りつけたらちょっと調べておきます

で現在の空き容量が調べられる

で10M以上のフォルダを探せます

自分の場合、作成したファイルは615MBほどでしたが容量はパンパンになっていました

8GB用意でこんなにすぐいっぱいになるのは困りますね・・・

削除をするなら

でディレクトリごと削除

※-rをつけないとフォルダの中にファイルがあると削除できない

permissionエラーがうるさい場合はsudoをつける

で階層の一番上へ

ここで

2>/dev/nullをつけるとdu: cannot read directory ‘./〇〇〇/〇’: Permission deniedエラーを表示しなくなります

pythonのバージョン切り替えに古いQ&Aを見て.pyenvを入れていたり

キャッシュが少々あった感じの模様

pythonだけしか利用していないならrubyとかも消したい

試しに消してみるとちゃんと消せました

容量も増える 今の所不具合はありませんが試す方はバックアップ取ってから行ってみて下さい

一番すっきり空き容量増やすのはバックアップ取った後に

Create environmentで新しく立ち上げ直す事だとは思います

以上です

以下おまけ:SSHの秘密鍵を無くしていたので焦る

SSHで接続できる方は、試しに接続するとtempfileを作れないというエラーが見れますが

[インスタンス]から[システムログの取得]をしてもlogin:で止まっている様子しか見れません

※ログイン時の処理が表示されないようなのでこれで問題無いようです ログインは完了してるらしい

秘密鍵を紛失した場合は再発行が実質できないため、

一度インスタンスをコピーして新しい公開鍵と秘密鍵を設定しなおすというやり方しか無いようです

やり方はこちら

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/systems-manager/latest/userguide/automation-ec2reset.html

現在のAMIを作成([インスタンス]→[イメージの作成])

新規インスタンス作成→マイAMIから先ほどのイメージを選択

設定を同じにして立ち上げ 秘密鍵を今度はちゃんと保存 WindowsならTeraTerm等で接続

で行けました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする