Linuxでpingが止まらない時の対処法

まずは処理の強制停止

Linuxでの処理強制終了コマンドは

[Ctrl]+[c]キー

です

以下、何が起こっていたのかを記載します

あれ?5回程度で止まらない?

Windowsのコマンドプロンプト感覚でCentOSやUbuntu等のLinuxでpingをすると

永遠にpingし続けます

それはオプションの指定をしていなかったからです

本来は$ ping -c[回数] [ipアドレスorドメイン]と回数を指定しなくてはいけません

例として5回のpingをgoogleに対して指定する場合は$ ping -c5 www.google.comと記載します

そうすると

きちんと5回で止まります

Linuxでネットワークが通っているか確認するために誰もが1回はこのミスをやるかと思います・・・

[脱線話]延々と永遠の使い分け

パソコンの話とは全く変わるのですが

上の解説に「永遠に続く」と書きました

延々という言葉もあるけども何が違うのか記事を書くときに調べたところ

延々・・・非常に長いが終わりがあるもの、長々

永遠・・・いつまでも続き終わりが無いもの、永久

という事でした

会話の最中だと結構誤用していた自覚があります

せっかく見に来てくださる方がいらっしゃるのですから

できる限り正確に言葉を使っていきたいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする