viエディタでコロン[:]が入力できない時にコンソールに戻る

入力できない記号があってviを終了できない

「:」(コロン)が「;」(セミコロン)になってどうしても終了できない

が、抜ける方法が他にも用意してあったので紹介します

:(コロン)が使えない場合のviエディタの終了方法


エスケープを押してコマンドモードに移ってから
ZQ (:q!と同じ) ファイルを保存せずに終了
ZZ(:qと同じ)ファイルを保存してから終了

ZZ(:q)はviで起動していると保存時にno file name
エラーが出ますので先に名前を指定してから編集しましょう

vim test.txtでファイル名を指定してからvim起動

他、nanoは記号を使わなくても終了できますね

nanoエディタの終了方法


Ctrl+X

以上です

以下直接関係ないこと

キーボード入力がおかしくなっていてviの保存で戸惑った

rootでログイン後にapt-get updateapt-get upgradeを行う

[Connecting to archive.ubuntu.com]に失敗する(Temporary failure resolving)

ネームサーバーを変更した方が良いらしい

vi /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base

nameserver 8.8.8.8
保存しようとするが
:が;になっているようでまったく反応が無い
ZZしようとしてもファイルが無いのでエラーになる
これは不便ということで調べてみました
本来はキーボードとネットワークエラーの件を修正しようと思って色々調べたのですが
何をやっても直せないのでviの抜け方だけ・・・
ネットワークはOS再インストールでは治らずサーバーを別に立ち上げ直すと接続できるように(vultr)

guiを入れるためのデータをダウンロード中にネットワークが止まってそのあと復活しなかったのでネットワーク制限の可能性が大きい気がします

キーボードで試してダメだったものは

dpkg-reconfigure keyboard-configurationでのキーボード指定

vi /etc/default/keyboardで直接編集

localectl set-keymap jp localectl set-x11-keymap jpでのロケール設定編集

文字化けしすぎててひどい

参考サイト

Ubuntu 最低限抑えておきたい初期設定

Ubuntu14.04でapt-get updateできなかった時の対処法

よく使う Vim のコマンドまとめ

Linuxで空ファイルを作成する方法のまとめ

apt-get updateで404

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする