2Captcha(自動画像認証サイト)のアカウント作成方法の解説

画像認証を自動で行う

パソコン任せでサイトを巡り自動で情報を収集する、お小遣いサイト等で自動でクリックをして稼ぐ系の操作を行う時に必ず邪魔になるのが画像認証です

単純なもの(歪み無し、回転無し、数字のみ等)なら今のOCR技術だと結構上手くキャプチャできますが、reCaptcha v2(Googleが提供している認証で画像選択をさせられるもの)や、画像の崩しが激しい物は上手くキャプチャすることが難しいです

どうしても人間の判断が必要な画像を、自動で突破する手段として

世界の誰かに認証を代わりに突破してもらおうというのが2captchaの仕組みです

(自分が認証する側になってお金を稼ぐこともできることはできます[めちゃくちゃ少額です])

今回は上にあるような比較的小さめ(画像の横幅が400px未満)の画像認証突破の認証を1000回で0.75$(約83.06 円)[現在の認証レート、為替でのレートです 変更になる可能性があります]で自動化できます

最近よく使われているGoogleの画像認証システム↑reCaptcha v2(画像認証有)は結構高く現在レートで1000回解除で2.99USD(約330.31円)になります。

(車を選択しろ、道路を選択しろ、道路標識を選択しろよく出て面倒ですよね。しかも正解してるのに何回もやらされること多し)

収益に見合うなら導入を検討してみる価値はあるかと思います

新規アカウントの作成

http://2captcha.com/

右上の緑色Registerをクリック

メール、パスワード、確認のパスワード、規約に同意、画像認証をしてRegister
(確認用のメールも来るので確認しておきましょう)

登録はここまでです
もし働きたいなら右上ボタンでI’m a workerに
認証に使いたいならI’m a Customerを選択でそれぞれ変更できます

とりあえず画像認証に使いたいので入金をします

左のメニューからDepositを選択

ここの支払い方法が悩みどころなのですが、
このサイトはロシアのサービスなので支払方法が少し特殊です
このサイトは残念ながらpaypalが使えません
下から2番目のPayProGlobalは別のサービスです
上の2つのWebMoneyはロシアのサービスなのでルーブルなのですが、日本では流通していない物です

通常はクレジットカード支払になるかと思います(海外なので少し怖いですが、被害の発生は起きていないようです)
また、ほかの支払方法として最近流行のBitCoinも利用できます

支払方法を決めたら

Please insert the amount you want to addに購入する
ドルを入れて(シンプル画像認証ならとりあえず1ドルか2ドル reCaptchav2用なら2,3ドルで良いと思います。自分はガツガツ使っていきたいので10ドルにしてみました)
Add Fundsを選択
クレカ払いだとPayUという知らないサイトに飛ばされます

現在1ルーブル1.84円(1,149.93円)

あれ?けっこう手数料とられますね・・・

あとは

Firstname[名前],Lastname[苗字],メール,電話番号[日本の国番号は+81](携帯番号や市外局番の場合、初め0を抜かして+8180-XXXX-XXXXと入力しましょう)

入力が終わったらNextStepで次へ行って確認、決済となります
決済が完了するとメールが届き、残高(Balance)も増えているはずです

お疲れ様でした!

API番号の確認

API番号は左上メニューの2CaptchaAPIを選択

captchaKEYの右側の文字列の羅列がAPIキーになります
iMacrosやJDownloadや、他組み込みたいものに入力してください

くれぐれも人に漏らさないようにしましょう!

使われてしまいます

おまけ ビットコインでの支払い

自分は試しにビットコイン払いを行ってみました

ビットコインを選択

送金先が表示されますのでお支払しましょう(15分以内です)
0.003493BTC(11.8ドル[1,296.98円])です
クレジットよりかなり高いですねえ・・・

送付してすぐには反映されませんので少し待ってから I HAVE PAID

以上でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする