[Calibre]Kindle用に大量のEPUBファイルをmobiファイルに一括変換したファイル置き場

Kindleを手に入れたので無料の本を読みまくりたい

下記リンクは2017年6月4日まで分の青空文庫をkindleで読める形式に変換した物です
1万冊ほどありますが、全部をコピーして開こうとするとkindleが重くなりすぎて使い物になりません
気になった作者やランダムで100冊!等で使った方が良いと思います

https://drive.google.com/file/d/0B7ImNi7GwnMVM0U5TXBKTVQ4SUU/view?usp=sharing

なおこのファイルは
こちらのありがたいサイトからの変換物です。

kobo用青空文庫ファイル集

http://www.nurarikobo.kobodeaozora.asia/
ありがとうございました

また、検索してもepubからmobiの情報がすぐ見つからなかったので無かったので紹介します。

また、結局Kindlegen.exeを使用した方法を使った方が
手間も少なく設定をいじらず綺麗にできたため、自分はこの方法を使っていません
インストールと設定の失敗健忘録として残しておきます。

KindleではEPUBではなくMOBI形式を採用しています。

とりあえず書籍管理ソフトで一括変換を行ってみます

calibre – E-book management

https://calibre-ebook.com

DOWNLOADを選択

自分のOSを選択(自分の場合はWindows64bit)

Installをクリック

待機

Finishをクリック

好きな場所をライブラリーのフォルダに

Kindleと自分の機種を選択しましょう

ユーザー登録はしなくても大丈夫です。 次へ

インストールはこれで完了です

ここから中央にD&Dで1万冊を放り込み、

本を変換をクリック

KindleをUSBに刺すと、デバイスに送信
という項目も上に出てきますが、これは変換しながら送信するというもので
ソフトそのものが落ちます。

ということで一回変換してからデバイスに送信
を行うのですが、

この変換はかなーり時間かかります。
設定を変更しないでそのまま変換作業をすると1千冊につきだいたい1時間かかります

ためしに設定を変更しないでそのまま変換してみます。

タイトルも変

横向き表示

何より、フリガナがおかしい

設定で変更するのはやめて、Amazon公式のソフトを使う事にしました。

Kindle用のファイルをAmazon公式サイトのツールで作成

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/A3IWA2TQYMZ5J6

少し下にスクロールしてKindle Previewer v3をダウンロード

インストール後、右下のデバイス(whitepaper,voyage,oasis)、向き、言語を選択してepubファイルをD&D(ドラッグ&ドロップ)

生成!

やっぱり公式のが良いですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする