Pythonでエラーを無視した永久ループのやり方(危ないので注意)

エラーが出ても止まらないで欲しい

下の例はエラーが出ると処理が止まるやり方です

※Whileは× trueも×なので大文字小文字に気を付けましょう

エラーが出ても無視

※main()がメイン処理です

except:

例外が発生した時に実行する事

pass

例外が発生したときに何もしない

さすがに10回エラーが出た時は止める

break

ループを抜ける

本当にループできるのか実験

強制停止する時にはコンソールでCtrl + Cで止められます

まずは必ずエラーが出る関数main()を作り実行してみます

宣言も中身も無い’test’を出力しようとしたのでエラーが出ます

5回エラーが出たら止めます

実行結果

危険性について

エラーが出ていても無限にアクセスしようとする行為になってしまうと

サーバーへの攻撃と変わりありません

少なくともエラー回数で止まるようにしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする