Vultrが50$のクーポンを配っててかなりお得

新規登録で50$(約5,500円)分のクーポンを取得

※2019/03/23現在のクーポンです 急に終了する場合もあるのでお気を付けください

https://www.vultr.com/

よく海外VPSを探すと候補の一つとしてよく出てくる青い鳥のVPSサービス

こちらが1G 1CPU 25GBSSDで月額5$ 2G 1CPU 50GBSSDで月額10$で利用できます

月額5$を選択しても50$貰えるので10$足すだけで1年利用できます

実質月額0.83$![(60-50)/12]

ここまで安いのはかなり珍しいんじゃないでしょうか?

2Gの月額10$プランを選択しても[(120-50)/12]で実質月額5.83$です

メールアドレスとパスワードを入力してクレジットカード入力画面でSummaryにFreeCreditが表示されてればクーポンの対象になっています

Windows Server 試用版をインストールする

また、ISOのアップロードにも対応しているので試用版のWindows Server 2019(2016等)を180日試してもう少し試したかったら[slmgr -dlv]を利用して再延長というやり方もOK

ISOはMicrosoft Accountがあればすぐにダウンロードできます

Windows Server 2019のファイルサイズは4.78 GB (5,142,339,584 バイト)でした

※注意 そのままOSをアップロードしてもドライバが足りないのでストレージが表示されません Virtioが必要です

とても大変なんですが、一度OSディスクを解凍してドライバを組み込み、再度ISOイメージ化する必要があります

解説は公式か、こちらの解説サイトが分かりやすかったです

動画解説だとこちらが良かったです(動画詳細欄にwin10のvirtio組み込み済みのisoが 良いんですかね?)

Windowsは1Gでも使えないことは無いですが、ちょっと重めなのでできれば2Gで動かした方が良いと思います

ISOアップロードはローカルファイルを選択することができないのでちょっと面倒です(URLで指定します)

一旦isoアップロード用のサーバーを契約する方法もありますが、一番簡単なのはdropboxを利用した方法だと思います

https://www.dropbox.com/

メールアドレスとパスワード、もしくはGoogleアカウントでアカウント作成+ログイン

上のトグルボタンから「ファイルをアップロードを選択」

アップロード後ファイル名横の共有を選択

リンクを作成

そのURLをUploadISOにコピペしてアップロードします

URLがhttps://www.dropbox.com/home?preview=から始まるものは自分からしか見れないのでアップロードのURLには使えません

使える容量をオーバーしてる模様

Dropboxの初期容量は2Gまでのようです

アップロードはさせてもらえるようですがおそらくこのままだと怒られるのでアップグレードするか、使用後にはISOデータを削除しましょう

また、このやり方もそのうち制限がかけられるかもしれません

Google Driveでできないか試してみましたが、共有URLを作成してもアップロードに失敗しました

こうなります

一旦ISOをアップロードするサーバーを契約するやり方はこの方の解説がとても分かりやすかったです

http://5mancrypto.jpn.org/wp/2018/07/02/mt4_windows_vps-vultr_2/#isoVultr

あとは自由に使いましょう

以上です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする