Aterm WG1200HS4(楽天ひかり加入特典)ポート開放方法

楽天ひかりのルーターはデフォルトではクロスパスモード

1年無料に釣られて、ついつい契約してしまった楽天ひかりのポート開放でちょっと悩んだので覚え書き

ONU(光回線終端装置)にルーターを接続してもすぐにインターネットができる状態になっているが、この状態だとポート開放に必要なポートマッピング設定が出てこない

参照:https://www.aterm.jp/function/wg1200hs4/guide/portmapping.html

これはデフォルトで動作モードを自動判別になっており、クロスパスを選択されているから

クロスパスDS-LiteプロトコルでIPv4 over IPv6通信を行うためのモード
自分と同じグローバルIPアドレスを持つ人が居る可能性があるので、
特定のポート向けの通信を自分に転送するのは難しい
こちらの設定を変更して、PPPoE接続にすると詳細設定のIPv6パケットフィルタ設定の下に
ポートマッピング設定が復活します

設定方法

まずは設定画面を開く

http://192.168.10.1/

(デフォルトから変更していなければルーターのネットワークに接続していれば設定を出せます)

ユーザー名は「admin」、パスワードはルーター裏の[Web PW]に記載されている英数字

ログイン後に基本設定を開いて

自動判定をOFF

クロスパスから へ変更

これで下まで行って設定でOK

インターネット未接続になるかもという警告にOKを押してルーターを再起動

ルーター再起動が完了しましたの後も繋がるまで少しかかるので待ちます

もう一度ログイン(http://192.168.10.1/

今度はPPPoE接続用のIDとパスワードを求められるので、

光開通のちょっと前に楽天から届いた封筒に入っているアカウントのお知らせに記載されているIDとパスワードを入力

接続完了後にメニューから詳細な項目を表示をクリック

ポートマッピング設定を開く

追加ボタンを押して

優先度(未使用の数字を入れればOK)、自分のIP(固定させた方が良い)、

プロトコル、開けたいポート番号を指定してOK

再起動

適当なポート開放をチェックできるサイトを使用して確かめる

例:https://www.akakagemaru.info/port/tcpport.php

お疲れさまでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする